行動規範

わたしたち株式会社アーキテクトの全役員、全社員は
アーキテクトの企業理念と経営指針のもと、
以下の規範に則って行動することをここに宣言します。

  1. 法令を遵守し、透明性のある経営環境と公正な業務環境を確立します。
    わたしたちは、自らに課した企業倫理を重んじ、経理会計制度の透明性の確保、就労環境の絶え間ない改善はもとより、アーキテクトが取得した個人情報の管理や他者の知的財産権の尊重に至るまで、関連する法令のすべてを遵守して、私たちに対する高い信頼度と揺るぎない好評価を築きあげていきます。
  2. THINK OUTSIDE THE BOX 既成概念や既存の枠組みに縛られない発想で事業展開を図ります。
    わたしたちは、英語の慣用句であるthink outside the boxを座右の銘とし、既存の考え(box)にとらわれずに、これまでとはまったく違った方法論、いわば常識破りの創意工夫を凝らした手法で、新しいサービスやソリューションを提案しつづけます。
  3. 消費者とアーキテクト、クライアントとアーキテクトとのあいだに、ウインウインの関係を構築します。
    わたしたちは、つねに消費者の欲するところを探り、たとえ小さな声であってもやがては大きなニーズになる可能性があるものなら、それらをわたしたちのユーザーやクライアント、わたしたち自身の事業展開に反映させて、二者間、三者間にウインウインの関係を、笑顔の飛び交う空間を創りあげます。
  4. 想像力と創造力を駆使して、横割りのチームパワーで業務を遂行します。
    わたしたちは、IQとEQの絶妙なバランスをもって、まずは与えられた課題の最終形(ゴール)を想像し、そこへ邁進するための事業部横断型体制を敷いて、その道程のなかに生じ得るさまざまな障害を役員社員個々の創造力で丁寧に取り除きながら、業務の完遂を目指します。
  5. もうひと手間を惜しまない、前向きな姿勢を貫きます。
    わたしたちは、仕事の大小を問わず、また、わたしたちが繁忙であるかどうかにかかわらず、もうひと手間を惜しむことなく、登録する会員個々と丁寧に接したり、ネットでのユーザーインターフェイスを日々向上させたり、顧客にむけた情報発信の精度を高めたりすることによって、アーキテクトに集うすべての人びとの便宜に資するための努力を重ねます。