1. HOME
  2. お知らせ
  3. タレントパワーランキングが朝ドラ主題歌を担当したアーティストランキングを発表!

NEWS

お知らせ

タレントパワーランキングが朝ドラ主題歌を担当したアーティストランキングを発表!

タレントパワーランキングが海外ドラマに出演したことがある日本人タレントランキングを発表!

WEBサイト『タレントパワーランキング』ランキング企画第250弾!!
タレントパワーランキング supported by DmMiXは芸能人の情報を届けるエンタメメディア!!
タレントパワーランキング supported by DmMiXは、株式会社アーキテクトが実施する業界最大規模のタレント(芸能人等有名人)調査結果をもとに、各タレントの有するパワーをリアルタイムにお届けします。

今回ランキング第250弾として、朝ドラの主題歌を担当したことがあるアーティストランキングを発表。
https://tpranking.com/asadora-artist

『タレントパワーランキング』では、タレントパワーランキングに登録されている、朝ドラの主題歌を担当したことがあるアーティストのパワースコアを調査。

皆さんは、朝ドラの主題歌を担当したことがあるアーティストといわれたら誰を思い浮かべますか?
1961年から放送されているNHKの連続テレビ小説、いわゆる朝ドラの主題歌は、毎朝同じ時間に流れ耳に残っている名曲が多々あります。
そんな朝ドラの主題歌は、作品をイメージしたアーティストが起用され、その作品をもとに書き下ろされることがあります。アーティストは朝ドラにふさわしいやわらかい音に加え、作品のイメージに合うよう作曲し、朝ドラに深みとエッセンスを加えています。
今回、そんな朝ドラの主題歌を担当したことがあるアーティストに焦点を当て、タレントパワーランキングで検証しました。

■調査概要
株式会社アーキテクトが実施するタレント調査は、タレントパワーランキングと呼ばれ、日本国内で活動するタレントから1280名をリストアップし、認知度と誘引率を掛け合わせ「パワースコア」を算出して形成しています。
本ランキングは、2023年5月度に実施したタレント調査データ(一部過去実施データ)を利用し、タイトルに応じてランキング形式でまとめたものです。

■調査時期
毎年2月、5月、8月、11月の年4回実施。

■調査対象
一都三県在住の10代〜50代男女を5歳刻みで各50名、60代男女を各50名、サンプル総数1100名。

■調査方法
WEB調査並びにFAX調査で実施。

■ランキングの詳細
【順位】【タレント名】【パワースコア】【調査期間】
1位   宇多田ヒカル    31.6    2023年5月
2位   星野源       30.9    2023年5月
3位   桑田佳祐      30.8    2023年2月
4位   ゆず        30.7    2023年5月
5位   福山雅治      30.3    2023年5月

ランキングTOP5は上表の通り。
詳しく知りたい方はこちら↓
https://tpranking.com/asadora-artist

2010年から活動休止していたアーティストで、2016年度上半期放送の朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」を復帰作としてリリースしたアーティストが1位にランクイン。続いて、2018年度上半期放送の朝ドラ「半分、青い。」の主題歌「アイデア」が、オリコンデイリーデジタルシングルランキングの史上最高記録(2018年時点)を樹立するほどの大ヒット曲をリリースしたアーティストが2位にランクイン。
他にも、数々の名曲を生み出しているアーティストがランクインしています。
今後も朝ドラの主題歌を担当したことのあるアーティストの活躍に注目してみましょう。

朝ドラの主題歌を歌っていたアーティストは?人気ランキングを紹介
https://tpranking.com/asadora-artist

タレントパワーランキングを詳しく知りたい方はこちら↓
https://tpranking.com/about-tpr

■引用・転載時のクレジット表記のお願い
本お知らせの内容を引用される際は、以下のご対応を必ずお願いします。
○引用元が「株式会社アーキテクト」「タレントパワーランキング」である旨を明記
○タレントパワーランキングサイト「http://tpranking.com/」へのリンク設置

最新記事